Statement

失われた身体感覚や身体の変容を幻影として捉え、不在と存在、覚醒と半覚醒など両義的な中間領域を探求する。

日本の仏像彫刻、近代彫刻の系譜への関心と意識を持ち、彫刻の新たな可能性を追求し続けている。

立体作品のみならず、写真や「映像彫刻」ともいえる体感型インスタレーションなど、多様なメディアを扱う。

当サイトに掲載されている作品画像、コンテンツの著作権は、作家本人に帰属しています。 これを無断で転載、複製、販売など二次利用することは固く禁じます。

Translate »
Top